生活習慣病予防効果のある成分(大麦若葉)

ほんのりとした甘味があり、その飲みやすさから、青汁原料として高い人気を得ている大麦若葉。
健康に良いとされる青汁の原料にもなるこの大麦若葉には、さまざまな健康効果が隠されています。
そんな大麦若葉の秘密に迫ります。

 

大麦若葉とは

大麦若葉とはその名の通り、大麦の若い葉の部分のことを指します。
とても生命力の強い植物であり、強い抗酸化作用を持っています。
ビタミン群、ミネラル群、食物繊維などさまざまな栄養成分を豊富に持っており、その栄養バランスも注目されているところです。
超強力な抗酸化作用を持つ酵素を含んでいることも特徴のひとつ。

 

大麦若葉の生活習慣病予防効果

大麦若葉には生活習慣病を予防する働きを持ってます。
その秘密は強力な抗酸化作用を持つ酵素、SOD酵素にあります。
SOD酵素とは体をサビさせる原因である活性酸素を除去する効果のある酵素ですが、もともと人間の体内に存在しています。
ただし、その量には限りがあるため、補ってあげることでその効果を発揮します。
その抗酸化作用はすさまじく、細胞が傷つくのを防ぎ、また細胞の生まれ変わりをサポートします。
糖尿病、高血圧、動脈硬化などの病気にも効果があり、生活習慣病予防に最適な成分です。

 

大麦若葉の摂取法

大麦若葉の効果を最大限にアップさせるため、抗酸化作用の強いビタミンCやビタミンEなどを一緒に摂取すると、
大麦若葉に含まれるSOD酵素の効果をさらにアップさせることが出来ます。
また大麦若葉にはさまざまな栄養素がバランス良く含まれています。
その栄養素を効果的に吸収するため、1日数回に分けて摂取すると良いでしょう。
大麦若葉はサプリメントや粉末青汁などで摂取するしか方法がありません。
自分の飲みやすい方法を見つけることが大切です。