生活習慣病予防効果のある成分(黒酢)

健康効果の高い食品である黒酢。
世界最古の調味料として名高く、私達日本人の食事にも身近な酢ですが、中でも黒酢の健康効果に注目。
生活習慣病予防も担うという、黒酢の健康効果とは?

 

黒酢とは

黒酢はアミノ酸やクエン酸、ビタミン、ミネラルなど豊富な栄養成分を含んだ調味料です。
私達日本人にとっても、とても馴染み深い食品でもあります。
黒酢と呼ばれる酢には定義が定められており、米か、米に小麦か大麦を加えたものを原料とし、
酢1リットルにつき原料180g以上使用したもの。
また発酵や熟成の際、自然に茶褐色に変化したものが黒酢と言われています。

 

黒酢の生活習慣病予防効果

黒酢が生活習慣病予防に効果的だという理由のひとつに、黒酢に含まれる成分があります。
黒酢にはさまざまな栄養素が含まれていますが、中でもアミノ酸とクエン酸がとても豊富に含まれています。
このふたつの有機酸は血液をサラサラにし、血栓を出来にくくする働きを持っています。
そのため生活習慣病予防や動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞のリスクも減少させてくれると言われています。

 

黒酢の摂取法

黒酢に1日の理想的な摂取量は約30mlと言われています。
原液で飲むと胃が荒れる可能性がありますので、好みの飲料で数十倍に割ってから飲むか、
料理などに使用すると良いでしょう。
空腹での摂取は刺激が強いため避けた方が無難です。
食事中の摂取は消化を助けたり、栄養素の吸収を促進する効果も生まれるためおすすめです。