生活習慣病予防効果のある成分(リンゴ)

リンゴにはリンゴ1個で医者知らずということわざがあるほど健康効果の高い果物として知られています。
とても身近な食材でありながらさまざまな健康効果を持つリンゴ。
そのリンゴの健康効果について詳しく見ていきましょう。

 

リンゴとは

リンゴはほぼ1年中手に入れることが出来る、私達にとってとても馴染み深い果物です。
リンゴの歴史は古く、日本では明治時代より親しまれるようになったと言われています。
また、とても品種の多い果物としても有名で、日本独自の品種も世界中で愛されています。
抗酸化作用がとても強く、健康に良い食材でもあります。

 

リンゴの生活習慣病予防効果

1日1個のリンゴで医者知らずと言われてるほど健康パワーに優れたリンゴには、生活習慣病を予防する効果があります。
それはリンゴに含まれるリンゴポリフェノールの抗酸化作用によるものです。
体内のコレステロールは活性酸素により酸化され、過酸化脂質へと変化します。
リンゴポリフェノールはコレステロールが過酸化脂質化するのを防いでくれます。
またペクチンという成分には糖尿病予防効果もあるため、生活習慣病の危険性を減少させてくれるのです。

 

リンゴの摂取法

リンゴの皮をむいて食べる人が多いと思いますが、リンゴは皮ごと食べた方が効果的。
リンゴの皮には実はポリフェノールがとても豊富に含まれています。
食べる前にきれいに洗ってから食べましょう。
また糖尿病予防に効果的なペクチンは、加熱することによって増加します。
ジャムにしたり焼きリンゴにしたりと、加熱調理法を工夫するのも良いでしょう。