生活習慣病予防効果のある成分(リコピン)

野菜ジュースなどにリコピン配合のものが多く出回っていると思いますが。それはリコピンの健康効果がとても高いから。
美肌効果に優れていると言われているリコピンは、実は生活習慣病をも予防すると言われています。
そんなリコピンの健康効果とはどのようなものなのでしょうか。

 

リコピンとは

赤や黄色などの天然色素の総称をカロテノイドと言いますが、リコピンはどのカロテノイドの一種。
その中で赤色の天然色素がリコピンです。
主にトマトに多く含まれており、その素晴らしい抗酸化作用は他の栄養素と比べて群を抜いていると言われています。
美肌効果にも優れ、シミやくすみに効果的に働き、アンチエイジング効果が高くなっています。

 

リコピンの生活習慣病予防効果

リコピンの特徴は、その強力な抗酸化作用にあります。
過剰な悪玉コレステロールは生活習慣病の第一歩ですが、活性酸素が発生すると酸化を始め、過酸化脂質へと変化します。
この過酸化脂質は動脈硬化や大変危険な病気を引き起こす原因となってしまいます。
リコピンの抗酸化成分は、過酸化脂質化を防ぎ、生活習慣病へと発展するのを予防してくれます。

 

リコピンの摂取法

リコピンはトマトやスイカ、グレープフルーツ、なす、ピーマン、かきなど、さまざまな食材に含まれていますが、
その含有量はトマトが圧倒的です。
リコピンは加熱することによって、吸収率がグッとアップします。
また、トマトピューレやジュースなど、加工食品のリコピン含有量がとても多くなっています。
このような加工食品を使い、加熱する調理法で摂取すると一番効果的だと言えます。